株式投資の基本を知っておこう!メリットとデメリットについて

    未分類

投資としては最も知名度が高いのが株式投資です。

しかし、具体的に株式投資ってどういうものと問われても、しっかりと答えることがデキる人は少ないと言えます。

そこで株式投資の基本と、メリット・デメリットについて考えてみましょう。

そもそも株式投資とは何かというところから書くと、株式とは企業が事業資金を調達する時に発行するものだと考えてください。

企業の運営資金というのは多額のお金がかかるもので、なかなか自社だけでは賄えるものではありません。

そこで多くの人から資金を集めて、会社を運営していこうというのが株式の考え方です。

株式を購入する人のことを株主と言い、個人投資家であったり、他の企業などが該当します。

つまり、株式投資とは企業が発行した株式を購入することで、株主となり様々な利益を受けることと、その株式を売却することで得られる差益を狙うものだと言えるのです。

では、株式投資を行うことのメリットを考えてみましょう。

株式投資から得ることができるメリットは主に3つあります。

1つはキャピタラルゲイン、1つはインカムゲイン、最後に株主優待です。

キャピタルゲインとは、いわゆる値上がり益のことを指します。

株式の価格である株価は、証券取引所が取引をしている間は常に変動しているものです。

ですので、安い時に購入して高い時に売却すれば差益が発生しますよね。

これがキャピタルゲインに該当するのです。

インカムゲインとは配当金のことで、これは投資をした企業が利益を出した場合、そのあまり分を株主に分配するという形で行われます。

つまり、投資をした企業の株式を保有することで得られる利益だと考えてください。

最後の株主優待とは配当金とは別に企業側が用意をするプレゼントのようなものです。

多くはその企業が取り扱っている製品であったり、サービスなどを割引で利用できたりするメリットがあります。

では、反面となるデメリットについても考えてみましょう。

最も大きなデメリットになるのが、キャピタルゲインがあるということはその逆に株価が低くなる可能性がある点です。

上でも触れましたが、株価というのは日々変動していくものなので、株式そのものが大きく価値を下げてしまうこともあります。

そうした時に、大きな損失を被ってしまうことがあり、これをキャピタルゲインに対してキャピタルロスという言い方をするので覚えておきましょう。

また、配当金についても企業の方針によっては必ずもらえるものではありませんし、これは株主優待にも同じことが言えるのです。

コメント