本当に信頼できる投資商材のウェブサイトから見る特徴について

   2018年02月20日 未分類

投資商材と言っても様々な商材がありますよね。

本当に信用できる投資商材もあれば、そうでないものもあり、見極めるのも大変だと言えるでしょう。

そこで信用できる投資商材を見極めるための方法を考えてみます。

最も代表的なものとしては、ウェブサイト上にある特徴でしょう。

投資商材を販売しているのは、ほとんどがインターネットを介していますので、必ず販売ページというものがあります。

その投資商材についての様々な情報が記載されているはずですので、どんな情報を記載しているのかが重要になるのです。

誠実な販売主かそうでない販売主かの多くは、ここで見極めることができるでしょう。
そのためのポイントをいくつか紹介していきます。

基本中の基本となるのが特定商取引法による記載を行っているかどうかです。

ウェブサイトで何かしら販売をするとき、特定商取引法による表示というものを記載しなくてはいけません。

これは法律で決まっているルールですので、ここを守れていない販売主は違法でその投資商材を販売していることになります。

つまり、信頼できるできない以前に信用できない投資商材だと言えるでしょう。

投資商材を購入する時には、まずこの記載がきちんとあるかどうかを確認してください。

もう1つの基本としては、楽をして稼げる、何もしないで稼げる、といった謳い文句があるかどうかでしょう。

ハッキリと書きますが、投資でお金を稼ぐにしても楽に稼げることはありません。

この謳い文句が書かれているウェブサイトというのは、信頼することができないでしょう。

また、大きなものとしては購入した後にしっかりとしたサポートがつくかどうかです。

最近でこそ投資商材にもサポートがつくようになってきています。

しかし、中にはメールで質問をしても返信があるまで1週間2週間ほどかかる商材もあるようです。

こうしたレスポンスの速さもまたサポートの1つの要素であるので、サポートがあるというだけではなく、しっかりと機能しているかどうかを調べておくのも重要だと言えます。

もう1つその投資商材が信頼できるかどうかを見極めるポイントとしては、しっかりとデメリットになる部分を記載しているかどうかでしょう。

どんな投資商材であっても万能ではありません。

投資手法に万能なものはなく、必ず得手不得手というものがあります。

そのことをきちんと記載している販売主なら、誠実だと言えるでしょう。

良い面ばかりを書いて宣伝したくなる気持ちもわかりますが、購入者の視線としてはこうしたデメリットの記載があるかどうかは信用をするかどうかに大きな影響を与えると考えてください。

 

 

コメント