見極め方はある?ネットでよく見る偽物商材の特徴について

    未分類

ここ数年の日本は不況も長引いており、経済的な状況に回復の兆しが見えません。
また、年金などにしても、どんどんと支払い年齢が上がっており、若い世代の人からすれば、先行きに不安しかないというケースも多いでしょう。

そこで今ある資産を投資することで、なんとか自分の食い扶持は確保しようとする人も増えているそうです。

しかし、投資というのは日本人にとっては馴染みが薄く、リスクの大きなものと認識している人がほとんどでしょう。

ですが、上でも書いたように経済的な状況を考えると、投資にでも手を出さないと仕方ないという状況でもあり、少しでもリスクを低減させるためには情報を集める必要が出てきます。

そうした時に良く使われているのが、投資商材とも呼ばれるものです。

投資商材とは情報商材の1つであり、投資に関するノウハウなど一般的な書籍などでは書かれていない情報を掲載したものだと考えてください。

主にインターネットで販売されているものであり、少し検索をかけると沢山の商材が出てくるでしょう。

ここで1つ疑問になるのが、本当にその情報は本物なのということです。
その商材を購入して、投資方法を学べば勝つことができるのかという疑問はあって当然ですよね。

しかし、情報を検索した人ならわかるでしょうが、いわゆる偽物商材というものも少なくありません。

ネットで良く見かける偽物商材の特徴について考えてみましょう。
一般的に投資商材の9割は偽物商材とも言われています。

偽物商材とは、そこに書かれている方法で投資を行っても勝てない、負けるというものだと考えてください。

偽物商材を見極めるためのポイントですが、まず絶対に確認したいのは、特定商取引法に基づく表示がなされているかどうかです。

基本的に上でも書きましたが、投資商材とはインターネットで販売されているものであり、その場合は特定商取引法に基づく表示を記載しなければいけません。

この表示というのは、販売者の会社名、本名、住所などのことであり、不本意な商品だった場合に連絡をするための手段が書かれているのです。

この表示を行っていない場合は違法な販売をしていることになるので、必ずチェックしてください。

もう1つ商材と販売主、もしくは販売会社が信用できるか調べることも忘れないようにしてください。

当然の話ですが、偽物商材の販売ページには良い部分しか記載がありません。
その情報を鵜呑みをしてしまうと、偽物商材を掴まされる可能性が高くなります。

そこで商材を購入する前には、商材そのものの評判を検索したり、商材の販売主が行っているウェブサイトなどを確認しましょう。

きちんとした商材を販売しているのなら、ある程度は無料で読める情報を公開しており、その情報に対するフォロワーが存在します。

そこを疎かにしている販売主や業者というのは、かぎりなく信用できないと言って良いでしょう。

コメント